坐骨神経痛改善のストレッチ、鍼灸治療、運動、トレーニング|パーソナルトレーニングジム ACT(アクト) 東京千代田区 神田

03-5577-6688 Open.11:00~21:00 Close.水曜日

治療メニュー

鍼灸治療など

スポーツ鍼灸治療・スポーツマッサージ・パーソナルストレッチなどの治療のみのメニューをご用意しております。

私達がサポートします

私達がサポートします

確かな技術をもつ元アスリートのスタッフがサポートさせていただきます。

スタッフ紹介

坐骨神経痛のためのトレーニング

坐骨神経痛とは

「坐骨神経痛」。良く聞く名前です。患者さんからも「私、坐骨神経痛なんです。」と訴えてこられる方が多いです。坐骨神経痛とはどのような疾患なのか?実は病名ではなく症状の名前です。つまり、何か原因になる疾患や別の原因があって、「坐骨神経痛」という症状がでている、ということです。

まず、坐骨神経とは骨盤の後側からでてお尻の付け根、太ももの裏、膝の裏を通り、すねとふくらはぎの両方に別れ、足の甲と足裏にまで伸びている末梢神経のことで、人体でもっとも太くて長い神経です。この長い神経の通り道のどこかで神経の圧迫が起きると坐骨神経痛になります。坐骨神経痛になる疾患の代表格は、椎間板ヘルニア・ギックリ腰(急性腰痛)で、その他にも梨状筋症候群・脊柱管狭窄症・脊椎分離症・脊椎すべり症・脊椎腫瘍などがあります。

坐骨神経痛の特徴は、腰部から臀部(お尻)にかけての痛みや痺れ・太ももの裏側の痛みや痺れ・膝裏の痛みや痺れなど、坐骨神経の走行に沿って腰から下の下肢に現れます。これが進行し神経の圧迫が強くなってくると運動神経を圧迫し、徐々に運動障害が起こります。そして、坐骨神経の支配している筋肉に萎縮が起こり、重度の場合は排尿障害などが起きる可能性があります。進行性の疾患なのでほっておかず早めの対処が必要です。

坐骨神経痛の鍼灸治療

坐骨神経痛の場合、原因となっている疾患によって治療法は変わります。ですが、坐骨神経痛のほとんどが、腰部から臀部にかけての筋肉の緊張や、坐骨神経の走行に沿っての筋肉の緊張があります。鍼灸治療によりそれらの筋緊張を緩め、腰回りの血行を促進し、坐骨神経痛の痺れや痛み不快感を解消します。さらに、全身治療による自律神経やホルモン分泌の調節により、疾患が回復しやすい体内環境をつくります。

アクトの鍼灸治療

坐骨神経痛が起こる背景には、柔軟性不足やある一部の筋肉群のみを過度に使っている、きちんとしたケアを怠ったなどの原因が考えられます。この原因を丁寧なカウンセリングで把握し、症状を緩和しながら再発予防のための治療を行っていきます。鍼灸治療の最大の特徴は、トレーニングを休むことなく治療しながら競技力向上が図れるところにあります。適切な治療と自分の身体に合う身体の使い方をすれば坐骨神経痛に苦しめられることもありません。

はり(鍼)は痛くないと効果がないと思っていませんか?アクトでは、やさしく、痛みのない治療(接触鍼法)を行っております。腰痛の中でも特に坐骨神経痛は治療効果が高く、再発予防の面からも有効です。坐骨神経痛の治療に、痛みがなく身体への負担が少ないアクトの鍼灸治療をお薦めいたします。

坐骨神経痛改善のためのトレーニングプログラム 筋力トレーニングとストレッチ

坐骨神経痛改善のためのトレーニングプログラムは、バランスボールなどを使ったバランスとレーニングや、坐骨神経の走行上にある筋肉をじっくり伸ばすストレッチが主な種目になります。

坐骨神経痛改善のための筋力トレーニング ストレッチ

坐骨神経痛改善のためのトレーニングは、体幹部(腰、お腹、股関節、臀部)の筋力強化のために、バランスボールなどを使ってバランストレーニングを行います。腹筋、背筋の強化を行うことで徐々に症状を緩和していくことができます。鍼灸治療とトレーニングを組み合わせて行うことで坐骨神経痛の再発予防にもつながっていきます。

バランストレーニング

バランストレーニング

バランスボールやバランスディスクなどを使い身体のコア(丹田)を鍛え、臀部などの柔軟性を獲得するためのトレーニングを行っていきます。臀部の筋肉をストレッチしながらバランストレーニングを行ったり、バランスボールを使った腹筋運動などが坐骨神経痛改善のトレーニングには効果的です。

バランストレーニング腹筋

バランストレーニング腹筋

バランスボールに腰の辺りをのせ仰向けの状態になり脚は床と90度くらいにします。その状態から右肘と左膝をくっつけるようにかがみます。この時にうまくバランスが取れない方はまず脚を床から離す動きをし慣れてからかがむ動きに移ると良いと思います。

バランストレーニング背筋

バランストレーニング背筋

両膝と両手で四つん這いになり、背筋を伸ばします。肘も真直ぐに伸ばした状態から右手と左足を前と後ろへ伸ばしバランスを取りながら背筋を鍛えます。道具を使わないバランストレーニングなのでお家でも簡単にトレーニングをしていただけます。

バランストレーニング臀部

バランストレーニング臀部

真っ直ぐに立った状態から膝を後ろに曲げ片足で立ちます。曲げた膝を体よりも後ろに引き臀部とハムストリングを鍛えます。この時に上半身が前に倒れないように注意をしながら行います。こちらのトレーニングも道具なしで行うことが出来ますのでお家でも簡単にトレーニングしていただくことができます。

坐骨神経痛改善のためのストレッチ 運動・体操

坐骨神経痛改善のためのストレッチは、まず坐骨神経の走行上(腰、臀部、大腿部、ふともも、膝の裏、ふくらはぎ)の筋肉のストレッチを入念に行います。原因となっている疾患にもよりますが、坐骨神経の走行に沿った、腰、臀部、大腿部(ふともも)、膝の裏、ふくらはぎなど下半身全体をストレッチしていきます。

大腿部のストレッチ

大腿部のストレッチ

長座の形で片足を折り曲げ、気持ちのいいところまで体を後ろに倒していきます。気持ちのいいところで止め、ゆっくりと深呼吸をすることで筋肉もゆるみやすくなりよりストレッチ効果が期待できます。

ハムストリング、ひざの裏のパートナーストレッチ

ハムストリング、ひざの裏のパートナーストレッチ

受ける側の方は仰向けになります。行う方は片足のかかとを持ち膝が曲がらないように抑えながら少しずつ上げていき受ける側がリラックスできるくらいのところで止め30秒ほどキープをします。受ける側は、深呼吸をしながら全身の力を抜きながらストレッチを行いましょう。

ふくらはぎのストレッチ

ふくらはぎのストレッチ

10センチ程度の段差につま先をのせ体を真っ直ぐにします。このストレッチはどこでも簡単に行えるので階段などのちょっとした段差を利用して日常生活で意識してストレッチを行っているとふくらはぎも緩んでむくみやだるさ等の解消にもつながります。

このページの先頭へ