腰椎椎間板ヘルニア改善のためのトレーニング、ストレッチ、腰痛体操|パーソナルトレーニングジム ACT(アクト) 東京千代田区 神田

03-5577-6688 Open.11:00~21:00 Close.水曜日

治療メニュー

鍼灸治療など

スポーツ鍼灸治療・スポーツマッサージ・パーソナルストレッチなどの治療のみのメニューをご用意しております。

私達がサポートします

私達がサポートします

確かな技術をもつ元アスリートのスタッフがサポートさせていただきます。

スタッフ紹介

腰椎椎間板ヘルニアのためのトレーニング

腰椎椎間板ヘルニアとは

「腰椎椎間板ヘルニア」。誰でも一度は耳にした事のある疾患でしょう。そして、スポーツ選手の多くがこの病で苦しんでいます。
そもそも「ヘルニア」とはなにか?「ヘルニア」は体内の臓器や組織などが本来あるべき位置から脱出した状態のことです。
「腰椎椎間板ヘルニア」は腰椎、つまり腰の背骨と背骨の間にある椎間板の一部が正常な位置から突出した状態の事をいいます。

椎間板は中央にゼラチン状の髄核、周囲にはコラーゲンを豊富に含む線維輪から成り、この髄核や線維輪の一部などが突出した状態が椎間板ヘルニアです。この突出した椎間板が神経根を圧迫し起こるのが「坐骨神経痛」などに代表される、下肢の痛みやしびれです。
「椎間板ヘルニア」の発生している部位によって症状は変わってきます。一般的に1番多いのがL4/L5間(腰椎の4番目5番目)のヘルニアで、アクトの鍼灸治療に来られる方の多くもL4/L5間(腰椎の4番目5番目)のヘルニアです。

腰椎椎間板ヘルニアの鍼灸治療

「腰椎椎間板ヘルニア」の場合、鍼灸でヘルニア自体を元に戻すことやヘルニアを消失させることは大変困難です。治療を根気よく続けていった場合、「検査にいったらヘルニアがなくなっていると言われました。」とおっしゃる方もいらっしゃいますが全ての方がそうなるとは限りません。ヘルニアの治療は、今出ている症状や、ヘルニアによって起こっている腰回りの筋緊張や下肢の筋緊張を丁寧に治療していくことが大切です。まずは症状を緩和すること、そして腰回りの血行を良くし症状が起こりにくい環境を整えます。

アクトの鍼灸治療

ヘルニアが起こっていて症状が強く出ている場合、下肢痛や下肢のしびれ、腰痛などの症状だけでなく、全身が緊張状態になっている事があります。交感神経が活発に働いていて、リラックスする瞬間や身体が脱力する時間が少なく、夜も熟睡できないなど二次的な症状が現れる場合もあります。こういった症状を予防する事も鍼灸治療の特徴です。副交感神経の働きを活発にし、体内環境を整え、全身の回復力を高めることで、椎間板ヘルニアによる症状が起こりにくいようにします。

椎間板ヘルニア自体が消失することはまれですが、鍼灸治療により、椎間板ヘルニアがあっても症状が起こらずトレーニングを行える身体がつくることができます。鍼灸治療の最大の特徴は、トレーニングを休むことなく治療しながら競技力向上が図れるところにあります。適切な治療と自分の身体に合う身体の使い方をすれば椎間板ヘルニアに苦しめられることもありません。

腰椎椎間板ヘルニア改善のためのトレーニングプログラム 体操と運動

アクトの腰椎椎間板ヘルニア改善のトレーニングは、体幹部の筋力を強化し、ヘルニアによる症状を防ぐための筋力トレーニングと、体幹部から下半身にかけての柔軟性を獲得するためのストレッチが主体となってきます。鍼灸治療の効果も期待できるので、プログラム作成時に鍼灸治療も組み込んだプログラムを作成していきます。

腰椎椎間板ヘルニア改善のための筋力トレーニング 運動・体操

腰椎椎間板ヘルニア改善のための筋力トレーニングでは、ヘルニアによる神経痛などを考慮し、あまり動きの大きなトレーニング 運動は行いません。軸となってくる種目は、静止しながら行う腹筋や背筋などの体幹部のトレーニング 運動を行っていきます。

静止腹筋、静止背筋

静止腹筋、静止背筋

動きのある腹筋や背筋ではなく、静止して行う体幹部のトレーニング 運動を行っていきます。体幹部を固めたまま行えるので、ヘルニアへの影響も少なく、腹筋と背筋がバランス良く強化できます。症状が落ち着いていたり、良い変化が出てくるようであれば動きのあるトレーニング 運動に変えていきます。

脚上げ腹筋

脚上げ腹筋

仰向けに寝て脚を真っ直ぐ伸ばし、膝を曲げないように10センチほど床から浮かせ腹筋に力を入れた状態をキープします。

背筋運動

背筋運動

うつぶせの状態で柔らかいボールやクッションなどをおへその辺りに当て、それを潰すようなイメージで背筋をしめるように力を入れます。この時に背中を無理に反り上げたり勢いや反動をつけないように注意しながら行います。

腰椎椎間板ヘルニア改善のためのストレッチ 運動・体操

腰椎椎間板ヘルニア改善のためのストレッチは、動きの大きなダイナミックストレッチや反動のあるストレッチは行わず、呼吸を意識しながら、ゆっくりじっくり伸ばしていくストレッチを行っていきます。臀部、腰部、股関節を主体にストレッチを行い、症状が緩和していくようであれば、動きのあるストレッチを導入していきます。

臀部ストレッチ

臀部ストレッチ

あぐらをかくように床に座り片足を両手で抱え込み、臀部をストレッチします。この時に出来るだけ前かがみにならないように背筋は伸ばした状態でストレッチを行います。

腰回りストレッチ

腰回りストレッチ

仰向けになり両手を広げ、右足の膝を曲げ左足にクロスするように倒し左手で膝が床に着くようにストレッチします。この時に肩や腰が床から離れないように注意しながら行います。

股関節ストレッチ

股関節ストレッチ

床に座り足の裏を合わせ、膝を床に近づけるように股関節をストレッチしていきます。パートナーがいれば膝を押してもらうのも良いでしょう。その際に無理はせず深呼吸をしながらゆっくりじわじわとストレッチを行います。

このページの先頭へ