健鞘炎の鍼灸治療、健鞘炎改善のストレッチ|パーソナルトレーニングジム ACT(アクト) 東京千代田区 神田

03-5577-6688 Open.11:00~21:00 Close.水曜日

治療メニュー

鍼灸治療など

スポーツ鍼灸治療・スポーツマッサージ・パーソナルストレッチなどの治療のみのメニューをご用意しております。

私達がサポートします

私達がサポートします

確かな技術をもつ元アスリートのスタッフがサポートさせていただきます。

スタッフ紹介

腱鞘炎のためのトレーニング

腱鞘炎とは

なんだか、手首が痛い、ということ、ありませんか?
指、手首を毎日繰り返し酷使する手首などに多く発症します。

指の場合は弾発指(ばね指)といって、親指に多く症状が出ます。
治療手段は、第一に安静ですが、原因となる動作がお仕事の場合、毎日のことなので、なかなか安静をたもつことが難しく、どんどんと手首の痛みが増していってしまうという方が多いです。

腱は、アキレス腱などの、筋肉の力を使える紐(ひも)の様な物だと思ってください。
そして、腱鞘というのは、腱の鞘(さや)、つまり、腱は、腱鞘の中を通っているのです。 腱鞘炎は、一般的に腱と腱鞘が繰り返しこすれることで、その摩擦によって炎症してしまうことです。

炎症は手首だけでなく、肘や足首など、いろいろな関節で起こり得ます。
パソコンで仕事をする方、育児で赤ん坊を抱きかかえるお母さん、物書きをする方など、様々な作業を行う方に起こりうる症状です。 関節部分の反復運動は、こまかいダメージが蓄積されるものです。

野球肘やゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)や、テニス肘(上腕骨外上顆炎)なども、基本的には腱鞘炎と同じく、安静が大切です。

腱鞘炎の応急処置

多くの人は痛みに耐えながら、日々の仕事をこなさなくてはなりません。
そんな場合に痛みを和らげ、悪化を防ぐには、専用のサポーターやテーピングが有効です。 サポーターやテーピングをすることで、動きを制限し、炎症部分が擦れるのを最小限に抑えます。

痛みが強く、我慢できない状態になる前に対処をする必要があります。
アクトでは、急性の症状の場合には、アイシングを行ったり、テーピングでの安静処置も行います。

腱鞘炎の鍼灸治療

腱鞘炎の治療には、鍼灸治療も非常に効果を奏します。アクトでは、急性の痛みから慢性化した痛みまで、症状に応じた治療を行っています。

一般的には、症状が出ている箇所(手首周辺や指周辺)だけに鍼(はり)やお灸をするというイメージがあるかと思いますが、そのような治療だと、痛みが再発する場合があります。

腱鞘炎により、無理な負担がかかっている、腕や肩、背中、腰などの筋肉のハリやこりも、同時に治療することにより、再発が少なく、早い回復にもつながります。湿布や痛み止めでも症状が軽減しない、とお悩みの方も、安静を保つのが難しく、症状が長引きやすいこの症状の治療には根気が必要ですが、必ず快方に向かうことでしょう。

腱鞘炎改善のためのトレーニングプログラム

腱鞘炎改善のためのトレーニングプログラムは、腕や肩周りのストレッチをメインに行いながら、鍼灸治療を組み込んでいきます。そして、再発予防のための筋力トレーニングを行っていきます。

腱鞘炎改善のためのストレッチ

腱鞘炎改善のためのストレッチは、手首の周りのストレッチを中心に、腕や肩をじっくり伸ばしていきます。ダイナミックストレッチなどの、動きのあるストレッチも非常に有効で、腕や肩周りは動きのあるストレッチや運動でほぐしていきます。

前腕のストレッチ(肘より先のストレッチ)

前腕のストレッチ(肘より先のストレッチ)

腱鞘炎改善のストレッチで一番有効なのが、前腕部分のストレッチです。腱鞘炎が起こりやすい手首の部分には、前腕部の筋肉が腱になって通っています。その腱をストレッチするために前腕部分を入念にストレッチしていきます。

バトックウォーク

バトックウォーク

真っ直ぐ立った状態から両腕を肘を曲げて体の横にセットし手のひらを外側に向け肩甲骨を寄せるように胸を開きます。そのまま次は体の前で手の甲をくっつけるようにし背中を丸めます。これを一歩ずつ前に進みながら行います。

腱鞘炎予防のための筋力トレーニング

腱鞘炎予防のための筋力トレーニングは、腱鞘炎の症状が治まってきている時であれば前腕(肘より先)部分を強化するために、軽いダンベルなどを持ちながらダイナミックストレッチを行ったり、前腕部分の負担を和らげるために腕全体や、肩周りも軽い重りを使ってトレーニングしていきます。

重りを使ったバトックウォーク

重りを使ったバトックウォーク

上記に記したバトックウォークを小さな重りを持って行います。ストレッチと筋力トレーニングを兼ねて行います。

リストカール

リストカール

前腕部の筋力強化を目的に、手首を使ったトレーニングを行います。軽めのダンベルを使用しながら行う場合もあります。肘などは固定して手首だけを動かしていきます。

サイドレイズ

サイドレイズ

両手に小さな重りを持ち、体の横にぶら下げて立ち肘を少しだけ曲げた状態で真横に開きます。肩より少しだけ上にあげたら戻します。重く感じる方は、重りを持たずにゆっくりと同じ動きをするだけでも効果があります。

このページの先頭へ