肘関節痛改善のトレーニング、鍼灸治療、運動、体操|パーソナルトレーニングジム ACT(アクト) 東京千代田区 神田

03-5577-6688 Open.11:00~21:00 Close.水曜日

治療メニュー

鍼灸治療など

スポーツ鍼灸治療・スポーツマッサージ・パーソナルストレッチなどの治療のみのメニューをご用意しております。

私達がサポートします

私達がサポートします

確かな技術をもつ元アスリートのスタッフがサポートさせていただきます。

スタッフ紹介

肘関節痛のためのトレーニング

肘の痛みの原因

肘関節の痛みは、野球肘・テニス肘・ゴルフ肘など、競技特有の名前がついているものが多く、競技によって痛める部位や症状の現れ方も様々です。

ここでは、全般的な肘関節の痛みについてご説明いたします。
まず、一番多いのが肘関節周辺の筋肉の緊張による痛みです。上腕骨外側上顆(肘の外側)や上腕骨内側上顆(肘の内側)に付着している前腕部(肘から手首)の筋肉や上腕部(肩から肘)の筋肉の過度の緊張により血流が悪くなり、痛みを引き起こします。緊張が強い筋肉はギュッと短縮しています、そのまま運動を続けていると筋肉を痛めたり、肉離れのような症状になることもあります。

このような肘関節付近の痛みにも、鍼灸治療は大きな効果を発揮します。

肘に関わる神経

次に、肘関節に関わる神経が3つあります。橈骨神経、正中神経、尺骨神経、これらの神経が圧迫されることによって、麻痺やふるえなどの運動障害や感覚障害を引き起こします。

橈骨神経麻痺:指や手首が伸ばしにくくなる、「下垂手(垂れ手)」になり、親指と人差し指に痺れや感覚障害を起こします。肩から肘までの上腕部(二の腕)の内側での圧迫により発症します。別名「ハネムーンシンドローム」とも呼ばれ、長時間の腕枕などでも発症します。

正中神経麻痺:代表的な症状は「猿手」と呼ばれる、親指の付け根の筋肉の萎縮が起こります。初期の症状は、親指から薬指にかけての痛みと痺れで、進行すると猿手になります。正中神経は、手首から手根管を通り手のひらの真ん中に至ります。手首の部分で圧迫が起こるものを手根管症候群と呼びます。

尺骨神経麻痺:小指や薬指に痛みや痺れ、感覚障害を引き起こし、親指以外の指の曲げ伸ばしができなくなります。これを「鷲手」といいます。肘関節の変形や周辺の筋緊張によって神経が圧迫されて発症するものを「肘部管症候群」と呼びます。

アクトの鍼灸治療

筋肉の緊張やオーバーワークによって起こる、肘関節痛(肘の痛み)への鍼灸治療は、まず緊張のある筋肉やそれに関連する筋肉を特定し、原因となっている部分の緊張を丁寧にとっていきます。血行を促進し、肘関節痛が再発しにくい体内環境を整えます。

神経麻痺や神経痛などの、神経障害がある場合の鍼灸治療は、神経の走行や神経領域に沿って筋肉の緊張を緩和し血行を促進します。変形が著しかったり、骨折や脱臼直後などの重度のスポーツ障害でなければ、治療しながらトレーニングすることが可能です。多少の変形であれば、スポーツ鍼灸の継続治療とリハビリトレーニングやストレッチを継続していただくと、症状が現れず競技に取り組むことも可能になります。

肘関節痛改善のためのトレーニングプログラム

アクトの肘関節の痛みや不具合を改善するためのトレーニングプログラムは、上腕部と前腕部を中心に、首(頚)から肩にかけての筋力強化とストレッチなどによる柔軟運動が主な種目になります。

肘関節痛改善の筋力トレーニング

肘関節痛改善のための筋力トレーニングは主に、前腕部分と上腕部分の筋力強化を行い、それに付随して肩関節付近の筋力を強化していくトレーニングになります。肘の痛みの主な原因としては、前腕部の筋力低下や柔軟性の欠如が考えられるため、前腕部を良く評価しながらトレーニングを進めていきます。

リストカール

リストカール

前腕部の筋力強化を目的に、手首を使ったトレーニングを行います。軽めのダンベルを使用しながら行う場合もあります。肘などは固定して手首だけを動かしていきます。

アームカール

アームカール

上腕部の筋力強化を目的に、肘関節を動かしながら上腕二頭筋、いわゆる力こぶがでる部分の筋力を強化していきます。肩関節は固定しながら肘関節のみを動かしながら行っていきます。

フレンチプレス

フレンチプレス

軽めのダンベルを持ちリラックスして立ちます。腕を頭の上に真っ直ぐ挙げ肘と肩の位置は変えずに、ダンベルを持っている手を肩の方まで下げ、そして頭の上まで肘の位置を変えずに挙げていきます。二の腕を使った代表的なトレーニングです。

肘関節痛改善のためのストレッチ 運動・体操

肘関節周辺の筋力トレーニングと並行して、前腕部や上腕部、肩関節のストレッチを入念に行います。特に前腕部の手首のストレッチは必須で、手首を色々な方向にストレッチしていきます。じっくりゆっくり伸ばすストレッチを行いますので、反動をつけたり力まかせにストレッチするのは悪化の原因となります。

前腕のストレッチ

前腕のストレッチ

肘を伸ばした状態で手のひらを上に向け前に出し反対の手で指を体の方へ引きます。逆に手のひらを下に向け反対の手で手の甲を体の方へ押します。この両方を行うことで前腕部のストレッチを行うことが出来ます。

肩関節周りのストレッチ

肩関節周りのストレッチ

片側の腕の肘を伸ばしたまま反対の手で前腕の辺りを抱え込むように体に引きつけます。 肩周りの筋肉をストレッチし間接的に肘関節周辺の筋肉を緩めていきます。

上腕のストレッチ

上腕のストレッチ

腕を真っ直ぐ上にあげ肩、肘の位置を変えずに背中側に曲げます。反対の手で肘を後ろへ引き二の腕をストレッチします。肘の痛みには比較的即効性のあるストレッチになります。

このページの先頭へ