鵞足炎のトレーニング、運動、体操、ストレッチ、鍼灸治療|パーソナルトレーニングジム ACT(アクト) 東京千代田区 神田

03-5577-6688 Open.11:00~21:00 Close.水曜日

治療メニュー

鍼灸治療など

スポーツ鍼灸治療・スポーツマッサージ・パーソナルストレッチなどの治療のみのメニューをご用意しております。

私達がサポートします

私達がサポートします

確かな技術をもつ元アスリートのスタッフがサポートさせていただきます。

スタッフ紹介

鵞足炎のためのトレーニング

鵞足炎とは

鵞足炎とは、膝の内側にある鵞足部と呼ばれる、縫工筋、薄筋、半腱様筋が付いている脛骨の上部周辺の腱に生じている炎症や滑液包炎などを総称した症状です。鵞足部は、脛骨への筋肉のつき方が鵞鳥・ガチョウの足のような形をしているところから鵞足と呼ばれています。

鵞足炎は、鵞足腱や鵞足包が炎症を起こしている症状です。膝の内側の鵞足部から太ももの後ろの大腿屈筋群にかけて痛む症状で、陸上競技やサッカーの選手に多く、ランニングの時に脚を後ろに蹴り出す時や、サッカーのキックで蹴り出した脚を戻す時などに過度の負荷がかかったり、鵞足と内側側副靭帯がこすれあったりして起こります。

鵞足炎の主な原因としてはウォーミングアップ不足や膝の使い過ぎ、X脚、着地時に足が外側を向く回内足・かいないそく、足に合っていない靴を履き続けるなどが挙げられますが、根本的な原因は構造的な異常があると考えます。つまり、鵞足と靭帯が擦れたりするのも膝が正しい方向ではない向きに曲がったり、X脚や回内足は股関節部分の筋肉が堅くなって正しく足が回旋できなくなってしまったり、あとはそれぞれの動きを支える時の筋肉が足りなかったりするわけです。ですので、いくら鵞足炎の炎症を治めたところでまた同じ動きをしていると同じ症状が起きてしまうのです。上記にもあげましたが、ランニングやマラソンをしている方の膝に痛みを伴うことが多く、アスファルトを走っている時の衝撃を吸収する動きが出来ないため、特に症状が出やすくなります。ですので、鵞足炎の治療・運動としては、患部の鍼灸治療、根本となる動き、その動きをする為の筋力と柔軟性が必要になってきます。特に膝のストレッチはもちろん、ハムストリング(太ももの裏)のストレッチと筋力アップ、太ももの内側の内転筋群のストレッチと筋力アップ、それから股関節の柔軟性を高め可動域を広げることが重要です。鵞足に繋がる筋肉の反対の先は股関節の奥の方へと繋がっていきます。ですので、骨盤の中側の筋肉をストレッチすることで徐々に鵞足部の筋肉を緩ませていきます。

鵞足炎の症状の方は、その他に腸脛靭帯炎や半月板損傷などの症状も併発してしまう可能性もあるので早期治療が大切です。

鶩足炎の治療

鶩足炎の治療を行う場合、様々な方法があります。痛みなどの症状の種類や、発症してからの経過、今後の日程などによって治療の選択は変わってきます。鶩足炎の治療の方法としては、

  • 治療により症状を改善に導くための鍼灸治療・スポーツ鍼灸治療
  • 治療として行うスポーツマッサージ
  • 治療効果を持続・補助するためのテーピング
  • 治療効果を高め、ケアとして行うためのアイシングやホットパック
  • 治療・リハビリとして行う、身体に合わせたストレッチ
  • その他の治療・保存療法・外科的治療

などがあります。上記の方法のどれを行うかは、専門家と相談し決定する事をおすすめします。自己診断でトレーニングを継続する事や、今までと同じケアを続ける事は、より重いスポーツ障害を招く可能性があります。まずは治療の専門家に相談し自分自身の状態を確認した上で、治療を行うかケアの方法を変えていくかなど、今後の治療計画を決定しましょう。

鵞足炎の鍼灸治療・スポーツ鍼灸治療

鵞足炎の鍼灸治療・スポーツ鍼灸治療は、まず鵞足部分の炎症を鎮めるための局所の鍼灸治療・スポーツ鍼灸治療と、鵞足に関係する太ももの筋肉、特に太ももの後面のハムストリングと太ももの内側の内転筋群への鍼灸治療・スポーツ鍼灸を行います。鵞足炎の特徴として、ハムストリングと内転筋群の筋肉の硬直や、運動時の痛みがある場合が多いため、筋肉の硬直と痛みを緩和します。さらに、鵞足炎に影響を与えている身体の不具合を特定し、再発予防の為の全身の治療も同時に行っていきます。鍼灸治療・スポーツ鍼灸治療を行うと痛みが緩和されるだけでなく、日常生活やトレーニングを通常通り行いながら回復に向かっていくことができます。鍼灸治療・スポーツ鍼灸治療の最大の特徴は、治療効果を上げながら今ある生活スタイルやトレーニング計画を変化させることなく行えるところにあります。状態によっては、運動制限を設ける場合もありますが、できるだけスケジュールは崩さずに治療を行う事ができます。

また、鍼灸治療・スポーツ鍼灸治療と並行してリハビリトレーニングやストレッチが必要になってきます。リハビリトレーニングを円滑に行うためにも、まずは治療を行う事をおすすめいたします。

スポーツ鍼灸のご案内をご確認ください。

鵞足炎改善のためのトレーニングプログラム

鵞足炎改善のためのトレーニングは、堅くなってしまっているハムストリングや内転筋群の柔軟性を高めながら筋肉を意識して使えるように行っていきます。そして股関節の可動域を広げより動きをスムーズにしていきます。

鵞足炎改善のためのトレーニング

太ももの内転筋群の強化 内転筋運動

太ももの内転筋群の強化 内転筋運動

仰向けに寝た状態で膝を立て、膝と膝の間にボールやクッションなどを挟みます。挟んだボールやクッションを潰すように内側へと力を入れます。この時に、太もも の内側を使っていることを意識してください。

ハムストリングの強化 レッグカール

ハムストリングの強化 レッグカール

仰向けに寝た状態で片足を台のうえにのせ、反対の足は膝を立てます。膝を立てている方の脚で腰を上に持ち上げます。この時にハムストリング(太ももの裏)を意識して行ってください。

クラシックバレエのメソッドを利用した体幹のドローイン

クラシックバレエのメソッドを利用した体幹のドローイン

クラシックバレエのメソッドを利用したトレーニングです。真っ直ぐに立ったままお尻に力を入れて締め、お腹は背中の方へ凹ませます。こうすることで、腹筋を使えるようになっていき体幹が鍛えられ身体の安定性を持つことが出来ます。

鵞足炎改善のストレッチ

ハムストリング(太ももの裏)のストレッチ

ハムストリング(太ももの裏)のストレッチ

床に脚を伸ばして座り片足は曲げて片足だけが伸びている状態にします。そのまま前へと倒れていきハムストリングをストレッチします。

内転筋のストレッチ

内転筋のストレッチ

脚の裏を合わせて背筋を伸ばして座ります。そのまま膝を上下に動かして少しずつ内転筋群をストレッチしていきます。パートナーがいれば痛くならない程度に膝を上から押してもらいましょう。

臀部のストレッチ

臀部のストレッチ

床に座って上体を起こし、片方の脚の膝を立て、その上にもう片方の脚をのせます。臀部から膝にかけての筋肉をストレッチします。

このページの先頭へ