お腹ダイエット、お腹を中心としたダイエットトレーニング|パーソナルトレーニングジム ACT(アクト) 東京千代田区 神田

03-5577-6688 Open.11:00~21:00 Close.水曜日

治療メニュー

鍼灸治療など

スポーツ鍼灸治療・スポーツマッサージ・パーソナルストレッチなどの治療のみのメニューをご用意しております。

私達がサポートします

私達がサポートします

確かな技術をもつ元アスリートのスタッフがサポートさせていただきます。

スタッフ紹介

お腹ダイエットトレーニング

お腹をへこませたい!お腹のダイエットトレーニングについて

お腹周りのダイエットは老若男女を問わず、みんながいつも気にしていることではないでしょうか。

元々の体型にもよりますが、お腹のダイエットは部分的に行うトレーニング(お腹ダイエットトレーニング)と、全身的にお身体を絞るダイエットトレーニング(全身的ダイエットトレーニング)を並行して行うことが、早期に結果を出すこととリバウンドを防ぐ事の両方を可能にします。

理想的なダイエット方法(長期的ダイエット)

お腹に限らず、部分的なダイエットと全身的なダイエットのどちらの場合でも、理想的なダイエット方法があります。

それは、1ヶ月に0,8キログラム~1,0キログラムずつダイエットを行うことです。 そうすれば12ヶ月で10キロ近くダイエットすることができます。早期のダイエットで結果を出したい方には適さないかもしれませんが、このダイエット方法であれば、無理のない簡単な食事制限で、健康的なリバウンドしにくい身体をつくる事ができます。

短期的なダイエット方法

早期にダイエットをしたい場合は、しっかりとした食事制限とある程度全身的な筋力アップが必要です。脂肪を燃焼させる筋肉量を増やしながら、食事の内容や食べる時間を変えてダイエットをしていきます。ダイエットの目標値や、ダイエットを達成するための期間、ダイエットへの意思にもよりますが、健康的にダイエットをするためにある程度のルールを設けてトレーナーと一緒に目標を達成しましょう。

お腹ダイエットトレーニングのトレーニングメニュー

お腹のダイエットを行う場合のトレーニングは、主に腹筋運動や背筋運動などの体幹部を鍛える運動と、全身の筋力アップのために自分の体重を使った筋力トレーニングを行います。いつでもどこでも誰でも簡単に行えるメニューを行っていきますので、運動が苦手な方でも安心してトレーニングしていただけます。動きのあるストレッチを多く取り入れたメニューで楽しくダイエットトレーニングができるメニューをご用意いたします。

腹筋運動

腹筋運動

お腹ダイエットトレーニングのメインメニューになってくるのが、やはり、みなさんご存知の腹筋運動です。腹筋運動はひとりで行うと、辛くて退屈で嫌になる場合が多いですが、トレーナーと一緒にマンツーマンで行えばゲーム感覚で楽しく行えます。
腹筋運動はやればやっただけ、期待に答えてくれるトレーニングです。トレーナーが手本をお見せしながら一緒に行いますので苦手な方も安心です。

スライド式腹筋運動

スライド式腹筋運動

オーソドックスな上半身を起こしていくタイプの腹筋運動です。腹筋運動の基本的な形になりますので、まずはスライド式腹筋運動を習得していただきます。この腹筋は、やり方次第で腰への負担が少ない方法でも行えるので、腰痛の方にも非常に効果的です

足上げ式腹筋運動(レッグレイズ)

足上げ式腹筋運動(レッグレイズ)

仰向けに寝ながら、脚を上下に動かしていくタイプの腹筋運動です。腰への負担を考慮しながら、腰が床から浮かないように、上半身の反動を使わないように注意しながら腹筋を行っていきます。お臍より下の部分、腹筋の下部に力が入るようにトレーニングを進めていきます。

体の廻旋運動

体の廻旋運動

真っ直ぐに立った状態でバランスディスク(無い場合は同じくらいの大きさの物)を体の正面で肘を伸ばした状態で持ちそのまま上半身を左右に捻ります。反動を使ったり骨盤も一緒に動いたりしないように注意しながら行っていきます。捻ることで腹筋全体に刺激を与えていきます。

体側を伸ばす運動

体側を伸ばす運動

椅子に座った状態で片手に軽量の重りを持ち、反対の手を頭の上に乗せ重りを持った方に体を真横に曲げ体側を伸ばします。曲げる時に前傾にならないように注意しながら行っていきます。体側の腹筋に刺激を与え柔軟性とくびれを作っていきます。

お腹をへこます運動

お腹をへこます運動

背筋を伸ばして真っ直ぐに立った状態で、背中とお腹をくっつけるようなイメージでお腹をへこませ30秒くらいキープをします。出来る方はお尻にも力入れて引き締め、それ以外の部位は出来る限り力を抜くことに意識しながら行っていきます。これによって腹筋の使い方を体に覚えさせより腹筋運動の効率を上げていきます。

このページの先頭へ